小学生なのに中性脂肪が高い?危険信号は早めにチェックしないと!

中性脂肪が高い、いわゆる脂質異常症(高脂血症)は、代表的な生活習慣病です。

本来は大人になって、中高年期にかかってになりやすい生活習慣病だと言われてきましたが、現代では食生活の変化とか運動不足・不規則な生活などにより小学生なとか子どものうちから脂質異常症も増加傾向にあるようです。

中性脂肪の増加は、動脈硬化の危険性などもはらんでいますから、ご両親が早めの処置をしてあげましょう。

脂質異常症は子どもの将来・健康にとってもデメリットが大きいです。というか危険と言ってもいいでしょうね。

人間の体にとって脂質は本来大切な栄養素でです。

生命を維持していく上とか活動する上でのエネルギー源となりますし、血液中にも血清脂質として含まれていますので、逆に不足すると、子供の成長や健康な発育にも大きな影響を与えてしまいます。

脂質は「中性脂肪」と「遊離脂肪酸」と「リン脂質」と「コレステロール」との4つに分類視されていてそれぞれの働きがありますが、バランスが崩れるといわゆる脂質が血液中に増えて脂質異常になってしまいます。

そして放っておくと、小学生のような子供のうちからもびょうきを発症することも多いですよ。

原因は遺伝によるものと後天的なものの2つありますが、どちらも食事を中心に生活改善が必要ですね。

こちらのサイトも参考にしてみてください→http://xn--18jvc8d0a9388a1fao19fvgbu3uwv8c2s0af4a.com/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です